腰椎分離症の手術は3種類ある

腰椎分離症の手術は3種類ある

腰椎分離症および腰椎すべり症に対する手術は、大きくわけて3種類あります。
まずは「分離部修復術」です。これは、腰椎分離症だと認められた患者の分離部に骨移植をして、元通りのリング状の背骨に戻すことです。
次に「分離部除圧術」があります。この手術方法は、腰椎分離症の患者の分離部に発生した不必要な骨の棘、軟骨の塊を摘出することで、脊髄神経の圧迫を解除させます。なぜなら、腰椎分離症では、骨の棘などが脊髄などにある神経を圧迫することで痛みを生じさせて、腰痛につながることが多いからです。
さらに「椎間固定術」という手術治療も存在します。これは、腰椎分離症に、さらに椎間板不安定性、そして腰椎すべり症などが合併した場合にその椎間を固定する治療方法です。かなりひどい症状の場合に行われます。
ただ、腰椎分離症に関して、手術を行うというのはよほどひどい症状になった時です。通常、保存療法といって、薬物療法やブロック療法、コルセットの装着などの治療方法が試されてそれでもまったく改善が見られない場合で手術の必要性が初めて検討されます。いくらひどい腰痛だからといって、ひと口に腰椎分離症や腰椎すべり症と診断できず、別の病因も考えられるためというのもあります。