腰椎分離症の対処方法

腰椎分離症の対処方法

腰椎分離症が疲労骨折だと考えられる以前、腰椎分離症が見つかると例外なく3ヵ月間、コルセットを着用して運動禁止となるのが一般的な対処方法でした。
そして現在、レントゲン上骨ゆ合が期待できる状態の場合のみ、コルセットを着用して運動禁止となります。ただ、腰椎分離症で来院するほとんどの人々は骨ゆ合が期待できない状態といえます。
一方で、腰椎分離症の神経症状がなく、腰痛が少しあっても全力で走ったり跳んだりできれば運動を許可する医師もいます。ただ、これには反対意見も少なからず存在するようです。
しかし、腰椎分離症もしくは腰椎すべり症の患者を調べたあるデータによると、スポーツに関して腰椎分離症と腰椎分離症でない患者のデータを比べたところほとんど差がなく、逆に腰椎分離症の患者のほうが成績がよかったという例もあったとのこと。結局、腰椎分離症と運動はあまり関係がないといえます。
ので、腰椎分離症になると以前はコルセットをするのが一般的でした。でも、運動をしていてもそれほど痛みを感じないのに、素直にコルセットをつけ続けて運動しないというのは成長期の若者たちにはかなり酷な話でしょう。腰椎分離症になるとコルセットを3ヶ月着用して運動禁止というのは過去の話になりつつあるようです。