「腰椎分離症」は意外と多い腰痛

「腰椎分離症」は意外と多い腰痛

腰椎分離症や腰椎すべり症という言葉、しょっちゅう腰痛になる人以外、あまりに耳にしない言葉かもしれません。
腰椎分離症、わかりやすく言うと腰椎の分離です。腰部は、腰椎とよばれる骨が仙骨(骨盤の中央にある骨)の上に、積み木のように5つ積み重なっています。仙骨と連なった腰椎は緩やかなカーブとなっていて。そのカーブが保たれることによって体を支える「腰」として機能しています。腰椎の分離は、腰椎の関節を構成している付近の骨が切れてしまった状態。
例えば、子供の頃に激しいスポーツをするなどして大きな負荷が腰部にかかった場合の疲労骨折ではないかというのが通説です。仙骨と腰部のつなぎ目である第5腰椎に分離がよく見られます。
腰椎分離症もしくは腰椎すべり症だとわかるのは、レントゲン。腰椎分離症では腰を後ろへ反らせると腰の痛みを感じることが多いです。ただ腰椎が分離していても必ず腰が痛くなるわけではありません。腰痛で腰部のレントゲンを撮って見つかり、診断されます。もし、分離が原因の腰痛という診断が出た場合、腰への負担がかからないように安静にして、コルセット装着や腰部に関わる筋肉の強化を指示されることも。
腰痛は徐々に回復していくのが普通。ただ成人の場合は分離以外の問題も起こる可能性があって分離が原因ではない痛みや症状が出ることもあります。