腰椎すべり症の詳細

腰椎すべり症の詳細

腰椎分離症とともに名前がよく上がるのが「腰椎すべり症」です。この腰椎すべり症とはいったいどういうものなのか、腰椎分離症との違いなどの詳細を説明します。
腰椎すべり症は、その名の通り“腰椎のすべり”です。腰椎が分離して、その腰の骨が前方へすべる症状をさします。そして、椎間板に負担がかかってしまいます。通常、積み木のように連なった腰椎は、前に傾いた仙骨の上に乗っています。そして、腰椎は前方に滑らないように関節でしっかり支えられていますが、腰椎が分離してしまうと不安定になって、腰椎がすべってしまうことがあります。これが、腰椎すべり症です。
腰椎すべり症になると、腰部の緩やかなカーブが失われてバランスが悪くなります。そして、すべった上下の関節部分も異常な動きになって、二次的にヘルニアや他の症状を生じる可能性もあります。
一方、腰椎すべり症は、レントゲンでの検査に写るのでわかります。腰椎すべり症の多くはなるべく手術することなく、コルセットを装着したり、痛み止めや物理療法、筋力の強化などを用いたりして治療を進めていきます。ただ、ひどい腰椎すべり症が見られる場合のみ、手術が検討される場合もあります。その時、手術後の状態も含めて担当医からしっかり説明を受けないといけません。