腰椎すべり症の症状

腰椎すべり症の症状

腰椎分離症とともによく聞く「腰椎分離すべり症」の症状はというと、ひどい場合、長時間歩くことすらできなくなってしまいます。
ただ、腰椎がすべっても症状がない場合もあります。しかし、腰部の神経を刺激すると、おしりや太ももの裏側に痛みが出るケースも。そして、刺激や圧迫される部位によよっては、歩行で足がしびれて、長い距離を歩くことができなくなることもあるので注意が必要です。
腰椎すべり症と名前が似ている症状に「腰椎変性すべり症」というものがあります。この症状は、腰椎分離症が無くても腰椎がすべってしまう症状です。そして、いまだにその原因ははっきりしていません。高齢の女性に多く見られ、腰椎がすべって腰痛になります。ひどい場合、腰椎分離症や腰椎すべり症と同様、休憩をとりながらでないと歩けない状態になってしまいます。
「腰椎分離症」「腰椎すべり症」は、別の腰の関節や椎間板に負担をかけている可能性も大きいです。分離やすべりの部分以外で腰痛を起こすと、腰痛の複雑化につながってしまいます。腰椎分離症もしくは腰椎すべり症の診断は、腰痛でレントゲンを撮ったときに発見されることがほとんど。腰痛の原因が分離やすべりかどうかの判断はレントゲンの検査が不可欠だといえます。