腰椎分離症における最新の手術

腰椎分離症における最新の手術

成長期を過ぎると、腰椎分離症が腰痛の原因となることは少なく、むしろ分離部の滑膜炎が強い場合に原因になります。この場合、分離内ステロイド注入が効果的。また、保存療法抵抗性の分離部由来の腰痛が続く場合は分離部修復が適応されます。
通常、腰椎分離症ではPedicle Screw Hook Rod法が行われます。ほとんどの症状でこの方法が可能です。メドトロニック・ソファモア・ダネック社製のSextant IIを使ってpedicle screw挿入を経皮的に行います。
一方、腰椎すべり症がある場合「固定術」が選択されるのが一般的。多くは椎間板性腰痛に加えて下肢痛も現われます。したがって神経根除圧に加えて、TLIF/PLIFで椎間を固定します。昨今、すべり矯正のデバイスが改良されてさまざまな商品が販売されています。
もし高齢者の場合、下肢痛のみで腰痛の訴えが少ない時は、分離部除圧が最も適切です。除圧のみなので内視鏡を使って低侵襲でできます。皮膚切開は18 mmほどで小さく、背筋への侵襲も最小。高齢者でも翌日から歩行可能です。
ただし手術前に必ず神経根造影を行って神経根圧迫部分を同定します。ほとんどの症例が分離中枢端のragged edgeが原因る。この部分のみ摘出すると、手術後に力学的変化はほとんど生じず、自然経過も変わりません、さらにすべりが進むことも少ないです。