腰椎分離症とスポーツ選手の関係

腰椎分離症とスポーツ選手の関係

発育期のスポーツ選手に、腰椎分離症が多いと言われています。もし、発育期の患者が腰痛で病院に行って腰椎分離症だと診断されるとすぐに治療を始めないといけません。
まず、患者の腰椎骨年齢、すべり合併の可能性、分離症の病期、分離の骨癒合の可能性などを確認して、正確に判断することが専門医に求められます。その後、的確な保存療法をスタートできます。その保存療法としては、骨癒合のための保存療法、スポーツ選手として復帰するための保存療法の2つがあります。前者は、骨癒合の可能性がある場合に行いますが、後者は癒合の可能性が少ない症例、前者を行っても骨癒合が得られなかった場合に行われる療法です。
まず、患者の骨年齢についてですが、外来で初診した際、発育期分離症患者で重要なことは患者の腰椎骨年齢を判断することにあります。小児脊椎は、解剖学的にも生体力学的にも成人とはまったく異なります。成人での終板と椎間板の間に、小児だと成長軟骨板とapophyseal ringが存在します。同じ発育期であっても、apophyseal ringが軟骨の時期と骨化している時期があって、このapophyseal ringの骨化・椎体との骨癒合を指標とした骨年齢が、腰椎分離症および腰椎すべり症の治療に大きく関わってきます。