腰椎分離症と腰椎すべり症

腰椎分離症と腰椎すべり症

腰椎分離症は腰椎の骨の一部が離れてしまう症状です。そして、腰椎すべり症はというと腰椎の位置がずれた症状をさします。また、腰椎が不安定になって神経を刺激し、腰痛の原因になることもあり得ます。
そして、腰椎分離症もしくは腰椎すべり症の原因はというと、まず腰椎は、前半分の椎体(ついたい)と、後ろ半分の椎弓(ついきゅう)から構成されていて、椎体と椎弓の間には椎弓根(ついきゅうこん)があります。腰椎分離症は、椎弓の部分で腰椎が分離してしまう症状です。通常、子どもの頃にスポーツなどで繰り返し負荷がかかったために“疲労骨折”を起こしたものと考えられています。しかし、誰もが腰椎分離症になるわけではなく体質的な要素もあるといわれます。
腰椎は正常だと軽く前方に弯曲(わんきょく)していて、下の腰椎は、椎間板や椎間関節によってすぐ上の腰椎がずれないようになっています。しかし、椎間関節の形や椎間板の変性によって上の腰椎を固定しにくくなってずれが生じるのが「腰椎変性すべり症」です。
腰椎分離症でも下の腰椎がすぐ上の腰椎をコントロールできず、ずれが起きることもあって「腰椎分離すべり症」といわれます。どちらもすべってずれが大きくなると神経を刺激したり圧迫したりするようになるわけです。