腰椎分離症のすべりと人間の成長

腰椎分離症のすべりと人間の成長

発育期に分離した脊椎の前方にある“shear stress”に対する“weakest-link”は、成長する軟骨板にあたります。このweakest-linkに対して、もしストレスが集中した場合、さらに脆弱化してしまいます。そして、成長する軟骨板に疲労骨折が生じて、これが基盤で前方に「すべる」のが腰椎すべり症だと考えられています。
要するに、成長する軟骨板の疲労骨折によるすべり、発育期に腰椎分離症からすべりを生じるのは、すべりの主座が成長する軟骨板にあるからです。
次に、この成長する軟骨板でのすべりが多い小児脊椎の成長段階。18歳以下の腰椎分離症の患者を調査すると、骨年齢が最も若いC stageですべりがよく起きる年齢であって、椎体成長が終了するE stageではすべりの進行がほぼないことが明らかになっています。
以上の原因を生体力学的に調査した結果、成長する軟骨板の前方せん断負荷に対する強度はC stageで最小となることがわかるでしょう。成長途中における成長する軟骨の脆弱性によってC stageにすべりがよく起きるわけです。
そして、もしC stageに発見された腰椎分離症は、いつでも腰椎すべり症に進展する可能性を持ちながら治療に挑む必要があるでしょう。腰椎すべり症と成長の関係はとても深いのです。