「脊椎分離症」とは

「脊椎分離症」とは

腰椎分離症には、脊椎分離症という呼び名もあります。内容は同じで、腰椎にある椎弓の上下関節突起部分が断裂した状態をさし、主に第4腰椎と第5腰椎に起こる症状です。
特に、脊椎分離症も10歳台前半から壮年期の比較的若い世代で、激しいスポーツを行っている人に見られることが多いです。分離した腰椎と、その上の腰椎の連結がなくなり、不安定になることでまわりのじん帯や筋肉などに負担がかかります。そして、長時間で同じ姿勢で立っていると負担が集中して痛みが生じるわけです。
また、椎間板をはさむ腰椎の間隔が狭くなって「椎間板ヘルニア」になったり、すべりがひどくなると脊髄神経が圧迫されて「座骨神経痛」まで引き起こしたり。
もし、スポーツが好きな子どもが腰痛になったら、そのほとんどがこの脊椎分離症(腰椎分離症)といえます。
 
脊椎分離症の治療方法はというと、ほとんどの場合は保存療法で改善します。痛みが強い急性期はコルセットなどで腰椎を固定して安静すること。おおよそ誰でも3~4ヵ月で治ります。そして、もし腰の症状がおさまったら、バランスのとれた腹筋、背筋を鍛えながらサポート力を強化していく必要があります。いずれにせよ、早期発見が鍵です。