腰椎分離症を改善する方法

腰椎分離症を改善する方法

中・高校生のスポーツ選手で全体のおよそ1割が「腰椎分離症」であるといわれています。しかも、そのスポーツの練習時間が長ければ長いほど、そしてスポーツのレベルが高ければ高いほど腰椎分離症である頻度が増加します。そもそも腰椎分離症は椎間関節の骨の連続性が断たれた状態をさします。さらに、すべった状態を腰椎すべり症といいます。一方、腰椎すべり症は、分離した部分から上の椎間が前方にすべる状態のことです。腰痛が発症する頻度が高くなるものの、運動療法で腰痛が軽減することがほとんどです。
腰椎分離症は、腰椎部分の疲労骨折が原因となることが多く、ほとんどが第5腰椎に起きます。特徴としては、腰痛を訴えるものの鈍痛であって下肢痛はありません。椎間分離部分に異常可動域が認められて、特に背中の後屈で痛みが増します。
発生初期に腰部の安静が保たれた状態だと分離部は癒合します。ただすぐに腰痛が解消されてしまうことが多く、医療機関で腰椎分離症が発見できないままということも多々あります。
腰椎分離症の改善やリハビリは、腰椎まわりの筋肉をリラクゼーションする目的で、背筋群、ハムストリングスのストレッチを中心とした軽い柔軟体操が効果的。中学1~2年までは約3ヶ月、コルセットの装着で治ることもあります。