腰椎分離症・腰椎すべり症のセルフケア

腰椎分離症・腰椎すべり症のセルフケア

腰椎分離症を自らケアする方法があります。そもそも腰椎分離症は、腰椎の前弯が過剰になってしまう状態なので腰部の筋肉と、それに伴い、股関節まわりの筋肉、特にハムストリングや臀筋群の緊張が強くなってしまっています。これには、あくまで痛みの出ない範囲からストレッチを行って柔軟性を取り戻していきます。ハムストリングのストレッチ、そして臀筋群のストレッチを行います。
一方、腰を反らすような運動は痛みが出ているうちは無理して行わないのがベスト。くれぐれも注意しましょう。腰に痛みが出ているのに無理して動かしても、腰椎分離症の治癒が遅くなってしまうだけです。
また、腰椎分離症のエクササイズとして「ペルビック・ティルト」がおすすめです。ペルビックとは「骨盤の」、ティルトとは「傾斜・傾き」という意味を持つだけあって、骨盤の前後傾を行うことで腰部の弯曲を整えることができます。腰椎分離症の改善に効果のある腹筋運動をする時にもとても効果的な運動の1つです。
腰椎分離症の症状のレベル、状況にもよるものの、コルセットを装着した方がいいケースも。もし、コルセットを使う場合は自己判断せず、腰椎分離症の専門家に相談して判断をあおぐのが無難です。