腰椎分離症の治療方法

腰椎分離症の治療方法

腰椎分離症も腰椎すべり症も、X線検査で診断可能です。しかし、必ず症状が現れるとは限りません。その他、画像検査としてCTやMRIがありますが、これらは手術を前提に神経の圧迫の状態を調べたり、分離部を明瞭に観察したりするために行うのが通例です。
腰椎分離症の治療方法として、保存治療に装具療法、薬物療法、理学療法、ブロック治療などがあります。
保存治療の基本は安静です。また、コルセットを装用して動きを制限することもあります。そして、薬物療法では疼痛に対して消炎鎮痛薬や筋弛緩薬を使い、その他、神経の修復を助けるために神経賦活(ふかつ)薬や末梢循環改善薬などを用いることも。理学療法では、腰を温めることで末梢の血液循環がよくなって疼痛が改善するため、温熱療法も用いられます。そして、神経に局所麻酔薬を注射する神経ブロックもあります。
以上の保存治療でも症状が改善しない場合、手術療法が行われます。腰椎分離症には分離部の固定術が行われるのが普通で、腰椎すべり症ではすべっている椎間の固定術が行われます。固定術は骨盤などから自分の骨を移植するケースと、人工骨を用いるケースがあります。また、固定の補助として金属製の器具を使う場合も少なからずあります。