腰椎分離症の保存療法について

腰椎分離症の保存療法について

腰椎分離症を治療する方法の1つが保存療法です。
たとえば、15歳以下の若年者で腰椎分離症もしくは腰椎すべり症の疑いがある場合、たとえばスポーツを休んで腰にコルセットを装着することによって、分離部が癒合する可能性があります。腰椎分離症の保存療法でメジャーなものです。
一方、中高年の腰椎分離症や、分離部に骨硬化像が見られる偽関節型だと、分離そのものを癒合させる保存的手段はありません。ただ、分離があっても無症状の状態というのもあり得ます。
腰椎分離症の保存療法では、投薬治療、コルセットの装着、ブロックなどさまざまな対症療法が行われるのが一般的です。特に、よくスポーツを行なう若年者に多いため、スポーツ活動についての指導が重要になります。このスポーツを休止すべきかすべきでないかの判断には患者の希望、就学状況などが影響するため、一般的にこうだと言うのはかなり難しいです。それよりも、腰椎分離症もしくは腰椎すべり症の患者がより安心するように分離そのものが重大な“欠陥”ではないことを説明することが重要になるはず。
そして、高齢者の腰椎分離症では、通常の変形性腰椎症や狭窄症と同様の保存療法が行われるのが普通です。