腰椎分離症の手術療法

腰椎分離症の手術療法

腰椎分離症の手術療法について説明します。手術療法は、十分に保存療法を施したにも関わらず、日常生活に支障が出る場合に手術が検討されます。
腰椎分離症では高度の「すべり」の合併をはじめ、狭窄による神経脱落症状が強い場合を除き、あまり手術をすぐにすすめられることはありません。そのため、腰椎分離症もしくは腰椎すべり症の手術が行われる場合、手術前の“インフォームドコンセント”が重要になることがあります。
もし、MRIによる検査で椎間板の変性が認められず、分離部のブロックが一時的に著効して、さらに分離が現在の症状の原因とはっきり考えられる場合には「分離部修復術」が行なわれます。椎間板変性の関与が強いと想定される場合、「脊椎固定術」が行なわれます。腰椎分離症の手術療法は以上の2種類です。
一方、腰椎分離症の手術を行った後についてですが、手術の結果がおおむね良好であっても、十分なスポーツ活動に復帰が可能かどうかは、他の腰椎疾患の手術と同じく不確定なものがあります。それだけ腰椎分離症もしくは腰椎すべり症で手術が行われるということは極めて稀といえます。
腰椎分離症の療法ではすぐに手術して治そうと思わず、専門医の指示に従い、保存療法から行うのがごく一般的です。