腰痛とすべり症の関係

腰痛とすべり症の関係

腰痛で「すべり症」という言葉をたまに耳にします。正式名称は「脊椎すべり症」または「腰椎すべり症」です。特徴は、腰痛症のような痛みがあっても激痛が伴う痛みはあまりないこと。たまに下肢に痛みやしびれが見られる程度です。

この腰椎すべり症は、椎体が直下の椎体に対して前方にすべっている状態をさします。起こる原因は、椎間板の老化や脊椎が分離することなどです。

腰椎すべり症だけでもいくつかに分けられます。前屈位で腰への突っ張り感、不安定感がある「腰椎分離すべり症」をはじめ、長時間立っていると起こる腰痛、臀部の痛み、下肢のしびれが出る「腰椎変性すべり症」、形成異常による出っ尻のような姿勢、腰痛・下肢痛が起こる「腰椎分離すべり症」などがメジャーです。

一方、椎間関節性腰痛症は、中年以降に多い症状。腰椎の関節が炎症を起こします。ただ腰が痛くて一瞬、朝起き上がれなくても、一度起き上がると体を動かしているうちに痛みを感じなくなるのが特徴です。

さらに、根性腰痛症(坐骨神経痛)は、腰椎椎間板ヘルニアが原因であることがほとんど。脊髄や神経根の圧迫によって発症してお尻や脚への痛みが出ます。骨粗鬆症は、脊椎圧迫骨折ともいわれて年配の女性に多く、加齢が原因でカルシウムが少なくなって骨がスカスカ状態で少し負担がかかっただけで骨折する状態です。