腰痛の「すべり症」って?

腰痛の「すべり症」って?

腰痛の中でよく言われている「すべり症」に就いてご存知でしょうか。

すべり症は、腰椎の椎骨がズルズル滑り落ちてくる症状です。正式名称は、腰椎すべり症。中高年に特に多く見られる腰椎の慢性的な歪みのことをさします。

腰椎を支える筋肉、靭帯、椎間板などの組織は、加齢をはじめ、乱れた生活習慣によって柔軟性や強度などが徐々に失われ、少しずつ腰椎が前方へ滑っていってしまいます。ぎっくり腰のような急激な痛みを伴うケースは少なく、なんとなく違和感があったり、我慢できる痛みだったりすることが多いです。ので、そのまま症状を我慢したり、放置してしまったりして知らぬ間に慢性痛になってしまう場合も多いのが特徴です。

すべり症の痛みの原因は、すべった腰椎が引き起こす脊髄神経圧迫です。神経圧迫は、すべった腰椎が特定の姿勢を取った際、脊髄に触れて神経痛が起こり、慢性的な「重だるさ」をもたらしてしまうケースが多いです。一方、筋肉疲労は、すべりを起こした腰椎のせいで、身体には歪みが生じた結果、左右の筋バランスが崩れて、一方の筋肉に過負荷がかかって筋肉に疲労がだんだん蓄積してしまい、痛みを発生します。

腰椎すべり症の症状は、すべりを起こした腰椎による「神経圧迫」、すべりの結果でゆがみの生まれた身体に起こる「筋疲労」の2つが最も多いです。