脊柱管狭窄症が原因でなるすべり症

脊柱管狭窄症が原因でなるすべり症

腰痛の中でも高齢者に多い、特に50代ごろから徐々に増える症状が、脊柱管狭窄症です。近年最も多い腰痛の1つです。

脊柱管狭窄症は、神経の通り道である脊柱管が狭くなって神経が圧迫されることで起こります。腰痛をはじめ、歩行障害などが発生します。

なぜ脊柱管狭窄症になるかというと、老化に伴って椎間関節や椎間板が変形するからです。さらに椎体が前方にずれる脊椎すべり症も、脊柱管狭窄症の原因になります。

背骨にあたる脊柱脊柱をを構成している椎骨と円柱状の椎体、さらに後方に張り出した椎弓があって、椎骨が積み重なることでできる管状の空間が「脊柱管」にあたります。第1腰椎から下の脊柱管には馬尾と呼ばれる神経の束が通っており、この馬尾から分かれた神経は脊柱管から出て足のほうに伸びています。脊柱管狭窄症は、圧迫される部位によって馬尾が圧迫される「馬尾型」、神経根が圧迫される「神経根型」、両方が圧迫される「混合型」にの3つに分類されます。

脊柱管狭窄症も脊椎すべり症も、通常の腰痛に加え、脚の痛みやしびれから起こる歩行障害が起こります。さらに神経が圧迫されることで排泄障害や感覚障害になることもありますので注意が必要です。