分離症は整形外科を受診しよう

分離症は整形外科を受診しよう

脊椎分離症は、脊椎の関節突起間部といわれる部位で本来つながっているはずの骨の連続性が絶たれてしまっている、分離している状態の疾患です。

主に腰の骨に当たる第5腰椎に症状があらわれ、スポーツを行なう学童期に多く発症するのが特徴で、腰にかかる外力が繰り返された疲労骨折という考えが一般的です。

分離症の診断にはCTが最も有用といわれます。主な症状は腰痛です。しかし、運動していると腰痛だとわからないまま放置されることも。ただし、早めにコルセットの装着したり安静したりしたら骨折した部分の癒合ができます。

もし、子どもの運動時に腰痛が生じた場合、なるべく早く整形外科専門医を受診することをおすすめします。レントゲン上で骨癒合が期待できる状態の場合、コルセットを着用して運動は禁止されます。ただ、整形外科を受診する頃には骨癒合がほとんど期待できない状態であることが多いです。

万が一、分離症が放置されたらどうなるかというと、隣り合った脊椎との間の安定性が損なわれ、加齢とともに骨と骨との位置関係にずれが生じることがあります。これが「脊椎分離すべり症」です。”すべり”がひどくなってくると、下肢の痛みやしびれがあらわれ、さらに手術が必要となることも。整形外科で適切な治療が行われると、治療後の経過はおおむね良いようです。早めに受診することが大事です。