腰とすべり症について

腰とすべり症について

腰が痛くなり、さらにすべり症の症状が出ると「腰椎すべり症」といわれます。腰椎部分が慢性的に歪んでいる症状です。腰椎が前方へ滑っている状態なので”すべり症”と呼ばれます。このすべり症は、中高年に多い症状です。激しい痛みがなく、治療しないで放っておくことが多いために慢性化してしまう原因にもなります。

腰椎すべり症は、生活習慣あるいは加齢によって腰椎を支えている椎間板、靭帯、筋肉などの柔軟性が失われた結果、下支えのなくなった腰椎が前方へ滑っていく症状のことです。この腰椎すべり症の場合、個人差はありますが、一般的に激しい痛みがないのが特徴。たとえば、椅子に長く座っていると腰のあたりがしびれた感じがする、最近どうも腰が重い、という程度の自覚症状はあっても長く続かず、しばらくするとまた普通に戻って生活できるでしょう。その結果、医者にかかることなく慢性化してしまいます。

この腰椎すべり症は「脊椎すべり症」とも呼ばれています。腰椎が滑って脊柱とその中を通る中枢神経を圧迫すると「腰椎すべり症」ですが、脊椎が圧迫される視点だと脊椎すべり症になります。