腰椎すべり症の詳細

腰椎すべり症の詳細

腰椎すべり症の原因は、まず、人間の背中にある背骨「脊椎」が首から尾てい骨にかけて走っているわけですが、場所によって呼び名が変わります。首の部分は「頚椎(けいつい)」、腰の部分は「腰椎」です。この「腰椎」は5つあります。

脊椎は、まるでドーナツを積み上げたような形をしていて、腰のあたりの脊椎にあたる腰椎がなんらかの原因で飛び出した状態がすべり症です。なぜすべり出してしまうかというと、2つの原因が主にあげられます。

まず1つが、老化などによって腰椎を支えている筋肉などが退化していき、支えを失った腰椎が主に前方、お腹の方に滑り出します。これを「腰椎変形(変性)すべり症」といいます。

もう1つが、たとえば、激しいスポーツなどで腰を酷使して腰椎と腰椎を連結している部分が折れたり切れたりする疲労骨折の状態です。これは「腰椎分離症」です。さらにこの延長で腰椎が滑り出すと「腰椎分離すべり症」と呼ばれています。

ただし、腰椎すべり症の原因は、老化や疲労骨折の2つだけにとどまりません。人それぞれ違います。立ち仕事が多かったり、先天的に腰椎がずれやすかったりという原因もあります。