腰痛に多い腰椎分離症の原因

腰痛に多い腰椎分離症の原因

腰椎分離症は腰椎にある骨の一部が離れてしまう症状です。腰椎が不安定になり、神経を刺激して腰痛の原因になることがあります。

原因は、まず腰椎は前半分の椎体と後ろ半分の椎弓からなっていて、椎体と椎弓の間には椎弓根があります。腰椎分離症は椎弓の部分で腰椎が分離してしまう症状で、ほとんど子どものころにスポーツなどで繰り返し負荷がかかったため、疲労骨折を起こしたものと考えられています。

さらに、腰椎分離症でも下の腰椎がすぐ上の腰椎を制動することができなくなってずれが起きる、腰椎分離すべり症になることがあります。どちらもすべってずれが大きくなると神経を刺激したり圧迫したりするようになります。

腰椎分離症の症状でもっとも多いのは、腰痛です。たとえば、長時間の立ち仕事、同じ姿勢を続ける、重労働のあとなどに痛みが強くなります。その痛みは鈍くて重いのが特徴で、体を後ろに反らせると痛みが強くなります。脚の痛みやしびれが出ることもあります。さらに、すべりが強くなると脊柱管が狭窄して、腰部脊柱管狭窄症の症状である間欠性跛行が出ることもあるので注意が必要です。