分離症からすべり症へ

分離症からすべり症へ

まず「分離症」は、腰椎にある骨の一部が離れてしまう症状です。そして「すべり症」はというと、腰椎の位置がさらにずれた状態をさします。このような腰椎が不安定になると、神経を刺激することで腰痛の原因になります。

分離症およびすべり症の原因はというと、そもそも腰椎は、前半分の椎体(ついたい)、後ろ半分の椎弓(ついきゅう)から構成されていて、椎体と椎弓の間には椎弓根(ついきゅうこん)があります。分離症は、椎弓の部分で腰椎が分離してしまう症状で、子どもがスポーツをして負担がかかって疲労骨折を起こしたものが多いです。

一方、すべり症は、もともと腰椎は軽く前方に弯曲(わんきょく)していて、下の腰椎は椎間板(ついかんばん)や椎間関節によってすぐ上の腰椎がずれないようになっています。しかし、椎間関節の形や椎間板の変性によって上の腰椎を固定しにくくなって”ずれ”が生じます。これがすべり症です。さらに、下の腰椎がすぐ上の腰椎を制動することができなくなってずれが起きることもあります。いずれにせよ、すべってずれが大きくなると神経を刺激したり圧迫したりしていきます。

分離症でもすべり症でも、最も多いのは腰痛です。長時間の立ち仕事、同じ姿勢を続ける重労働で腰痛がひどくなります。重く鈍い痛みで、体を後ろに反らせると痛みが強くなるのが特徴で、脚の痛みやしびれが出ることもあります。