腰椎すべり症の治療法「手術」

腰椎すべり症の治療法「手術」

もし腰痛で病院に行き、腰椎すべり症と診断されたあと、手術を医師から勧められる場合があります。手術と聞くと最初はビックリするかもしれませんが、腰椎すべり症と診断された人々の中で2~3割ほどいます。当然ながら、手術を勧められるとなると、かなり腰の痛みが激しい場合です。

たとえば、腰椎すべり症で手術する人は「間欠跛行」のような、歩くとしびれや痛みで歩行困難になる一方、しばらく休むとまた楽になって歩けるようになる症状の場合です。この症状になると、通常通り、生活することはできないでしょう。

腰椎すべり症の手術は、いったいどういったことを行うのかというと、すべってしまった腰椎によって圧迫されている脊柱管を削って神経の通りをよくしたり、患部に金属をあてがって固定して神経の圧迫をなくしたりする方法が取られます。

もしも、どうしても手術をしたくない人は、別の治療法もありますが、激しい痛みをすぐに取り除くには手術しかありませんので、相当な覚悟は必要なことを覚えておいてください。例を挙げると、手押し車や杖を使ったり、移動するのに自転車に乗ったり、前かがみの姿勢を取るようにして反り返らないようにしたりといったことです。