ズバリ「分離症」とは

ズバリ「分離症」とは

腰椎分離症、通称「分離症」の原因は、昔、生まれつきの骨の弱さで起こると考えられてきました。しかし現在は、スポーツ医学の進歩により、主に疲労骨折と考えられています。

この疲労骨折の中でも、腰部に負担がかかることだといわれていますが、はっきりとした原因はいまだ不明です。多く発症するのは、小学校低学年から中学校の前半にかけて。ただ実際に病院で診断することが多いのは、中学校、高校時代になって腰痛が続くから病院に来て判明したケースがほとんどです。

分離症は、疲労骨折と考えられる以前、とりあえず3ヵ月間コルセツトを着用して運動を禁止するのが一般的な治療法でした。現在、レントゲンで「骨ゆ合」が期待できる状態の場合はコルセット着用して運動は禁止、という診断が大半です。ただ、来院した時点でほとんど骨ゆ合が期待できないことのほうが多いようです。

ただ、運動をただ禁止するだけでは意味がないと主張する医師もいます。どの治療法が正しいかどうかは、担当医としっかり相談して自分の症状にあった治療法を自分で判断して行うことです。