分離すべり症状 原因と治療法

分離すべり症状 原因と治療法

分離すべり症は、脊椎分離すべり症、腰椎分離すべり症ともいわれます。症状としましては、脊椎にある椎弓(ついきゅう)が最も細くなっている部分が分離してしまった状態。要するに、その部分が骨折してしまうことをさします。さらに症状が進むと「すべり」が起こって、分離すべり症になるわけです。

この「すべり」は、正常ならきれいにつながっているはずの腰椎が不安定な状態になってずれてしまい、すべった状態になることです。ずれてしまうと、中を通っている脊柱管という神経が変形・圧迫・刺激されて痛みが生じます。

分離すべり症の原因は、中高年に多いことから「老化」が一番に挙げられます。しかも、女性に多い症状です。

もし、分離すべり症になったら、まず整形外科の受診をオススメします。病院で検査後、保存的療法、外科的療法のどちらかで治療することになります。軽い症状の場合は保存的療法、重い症状の場合は外科的療法です。

保存療法は、手術を行わないで理学療法、生活改善指導によって行われます。理学療法は、コルセットなどの装具やシップ、運動療法など。生活改善指導は、日常生活の中で腰にかかる負担などを指導することです。さらに薬物療法、神経ブロック療法もあります。

最後に、外科的療法はずばり手術です。