すべり症の本当に正しい治療法

すべり症の本当に正しい治療法

いざ、すべり症と診断されたら、正しい治療を行わないとずっと痛みと付き合っていかないといけなくなります。

まず、激しい痛みやしびれを感じたら「安静」しましょう。そして、患部を冷やすよりも温めるほうが効果的。その後、すべってしまった骨格を整える治療を行うのが適切といえます。

次に、すべり症は、筋肉が固まってしまった血液が不十分な状態です。そこで、十分な量の血液を筋肉に送り込むことが大事。お風呂や濡れタオルなどで筋肉を揉みほぐしたり、温めたりするのは自宅でもできます。

もちろん、病院での治療は欠かせません。医師に今のすべり症の状態を正しく診断してもらいます。すべり症はすぐ治ったりしません。原因に合わせた治療を行います。

治療する場所は、整形外科をはじめ、鍼灸、整骨、カイロプラクティック、整体などいくつかあります。どの場所を選ぶかは自分次第で、自分の症状に最もあったところを選びましょう。ただし注意が必要なのは、民間療法は保険が利用できないこと。全額負担は大変です。どうしても民間療法がいいという人は、相当な負担額を覚悟しないといけません。