腰椎分離すべり症のこと

腰椎分離すべり症のこと

腰椎分離すべり症は、分離すべり症、すべり症などさまざまな表現がありますが、基本的にほぼ同じです。

まず症状としては、腰椎の上関節突起と下関節突起の間にある関節突起間部での連絡がなくなった状態です。分離を生じさせる外力として、腰部が過度に伸びたことで下関節突起端が下の椎骨の上関節突起と接触して押し上げられることによるものという考えが一般的。ほぼ7、8割が第5腰椎で発生します。次に、上位椎体が下位椎体に対して前方にずれてしまうことを「腰椎分離すべり症」といいます。分離症の10~20%がすべり症に移行するようです。

腰椎分離すべり症は、腰痛から診断されることが多いです。中には、歩行困難になってしまった、しびれを訴える人もいます。重症だと手術が行われます。なお、腰椎分離すべり症は、レントゲンやMRI、CTで診断されます。

ではどのような治療法が行われるかというと、年代によって異なります。成長期だと、早期治療で骨融合ができるので、腰椎装具による保存的療法がメインです。成人期だと、急性期を過ぎたら運動療法など。さらに手術は、保存療法が無効、再発を繰り返す、スポーツ選手ら腰部への負担を軽減できない状況など。歩行障害や排泄での障害が起きた場合でも手術が行われます。