腰椎すべり症で「手術」が行われる場合

腰椎すべり症で「手術」が行われる場合

腰椎すべり症は、上下の椎体が前後にずれてしまう症状です。多くの場合、老化が原因で脊椎の関節および靭帯が緩んでしまうことで脊椎をまっすぐ支えられなくなって起こります。腰椎にあいている椎孔という穴が並んでトンネル状になった脊柱管、この中に通っている馬尾が、椎骨がずれると狭くなってしまって神経が圧迫されることで痛みが生じます。

街中で腰が曲がっているお年寄りを見たら、まず腰椎すべり症といえます。腰痛をはじめ、歩行障害、下肢のしびれなどの症状が出ます。

腰椎すべり症では、最初は湿布などを処方する保存療法や生活指導療法が行われます。それでも治療の見込みが無いと内服薬やブロック注射が行われますが、実はこれらは根本的な解決法にはなりません。そのため最後は手術が行われることになります。手術というと抵抗する人も少なからずいますが、手遅れになってしまっては元の子もありません。

手術する場合は、歩行障害が出ていたり、排泄障害が起きていたりといった通常に生活できない状態の人です。最近では、医療技術の発達により、手術が失敗することはほとんどありません。しかしながら、腰椎すべり症の治療、および手術の実績が豊富な医師にかかるのが一番です。