「腰部脊椎症」とは

「腰部脊椎症」とは

腰部脊椎症は、別名「脊椎分離症」ともいわれます。

まず、腰部脊椎症の症状を説明します。腰椎にある椎弓の上下関節突起部分が断裂した状態であり、第4腰椎と第5腰椎に起こるのがほとんどです。特に、10代前半から壮年期といった比較的若い世代において激しいスポーツを行った人に多く見られるのも特徴です。

分離した腰椎、そしてその上の腰椎の連結がなくなると不安定な状態になってまわりのじん帯や筋肉に負担がかかります。そのために、長時間同じ姿勢で立っていると負担が集中するので腰に痛みが生じるわけです。一方、椎間板をはさむ腰椎の間隔が狭まって「椎間板ヘルニア」になることもありまし、”すべり”がひどくなると脊髄神経が圧迫されて「坐骨神経痛」を引き起こすケースも。

つまり、スポーツ好きな子どもが腰痛になると、ほとんどがこの腰部脊椎症だといわれています。治療方法は、ほぼ保存療法でよくなるでしょう。痛みが激しい急性期には「コルセット」などで腰椎を固定して安静すると3~4ヵ月でほぼ治っています。もちろん症状がおさまってきたら、腹筋や背筋を鍛えるためのリハビリやトレーニングで腰を強化することも大事です。