すべり症の名医による驚くべき治療法

すべり症の名医による驚くべき治療法

腰痛の中ですべり症と診断されて悩んでいる人は少なくありません。

そして、このすべり症をはじめ、腰椎分離症や椎間板ヘルニアなどに苦しむ患者たち30万人あまりを治療してきた「名医」がいます。その名医とは、鞍ヶ池ヘルスケアの中川卓爾院長です。中川院長は、有名プロ野球選手、プロゴルファーの腰痛の悩みを解決してきたことで知られ、大学講師や日本女子プロゴルフ協会契約トレーナーなどの経験もあります。

なぜこの中川院長が有名なのかというと、腰椎すべり症や腰椎分離症、椎間板ヘルニアなどに悩む人々に、1日たった15分のトレーニングをするだけの治療方法を確立したからです。これは、すべり症においても大いに注目されました。

すべり症の疑いがあるなら、まず腰痛になった原因を知ること、そしてこの中川式腰痛治療法のトレーニングを1日15分行うことで、腰の痛みをなくすことができるそう。しかも、自宅ででき、さらに、腰痛を再発させない予防法まで実践することができるのが、この中川式の特徴とのことです。

誰もが驚く中川式腰痛治療法。今まで専門外来や鍼灸、整体院などに行ってもまったくよくならなかったすべり症の方々、この「名医」といわれる中川式腰痛治療法を試してみてはいかがでしょうか。