「すべり症」のわかりやすい症状

「すべり症」のわかりやすい症状

すべり症とはズバリその名のとおり、骨がすべってしまう症状です。つまり、腰椎すべり症の場合、腰椎の椎骨がずるずる滑り落ちてしまっている状態。40代以上の中高年に多いとされています。加齢による原因は、腰椎を支える筋肉や靭帯、椎間板などの組織が衰えていくこと、また生活習慣の乱れによってさらに柔軟性や強度が失われていくことで、腰椎が前方に滑ってしまいます。

このすべり症の痛みはというと、ギックリ腰のような急激な痛みではありません。なんとなく違和感のある、でもガマンできるような痛みがほとんどで「すぐに治るだろう」と思って、発見が遅れてしまうことも多いようです。気づかないうちに慢性痛になってしまうと、治療にも時間がかかります。

そして、すべった状態になると、脊髄神経を圧迫します。この状態になると、腰痛とともに筋肉疲労も起こります。さらに、坐骨神経痛につながることも多いです。この坐骨神経痛は、慢性的なすべり症から発展したものです。もっとひどい状態になると、脊柱管狭窄症に至ってしまうことも。歩行障害の間欠跛行などになるとさらにやっかいです。