ズバリ「すべり症」とは

ズバリ「すべり症」とは

腰痛の中ですべり症という症状は、ごく一般的に「腰椎すべり症」とよく言われています。この腰椎すべり症は、腰椎部分が慢性的に歪んでいる症状です。この歪みは、腰椎が主に前方へ滑っている状態なのですべり症と呼ばれています。

すべり症は、中高年に多いです。ただ激しい痛みがないので治療せずそのままにしておくことがほとんどで、気づいたら慢性化していたということも少なくありません。このすべり症は、生活習慣もしくは加齢によって腰椎を支えている椎間板、靭帯、筋肉などが柔軟性を失った結果、腰椎が前方に滑ってしまいます。

このすべり症の発見が遅れるのは、激しい痛みがあまりないことにあります。最近どうも腰が重かったり、イスにずっと座っていると腰がしびれるような感じだったりという自覚症状は見られますが、時間が経つとマシになってしまうことも多々あります。

一方、すべり症は腰椎すべり症のほか、脊椎すべり症ともいわれます。いずれも同じ症状です。