脊椎すべり症のよく知られた治療

脊椎すべり症のよく知られた治療

脊椎すべり症は、中高年に多い腰椎疾患です。腰椎がずれる、すべることで痛みが生じます。ギックリ腰と大きく違うのは、激しい痛みがないのと、滑ってずれた腰椎が元に戻らないでずれたままであることです。ただ「すべり症」とも呼ばれています。

このすべり症状の治療方法はいくつかあります。なお、さまざまな腰痛の治療法でよくある手術をすべり症で行うのはかなり稀です。

脊椎すべり症の治療法では、まず、保存療法が用いられます。これは軽度の場合で、湿布を貼ったり、コルセットを着用したりします。さらに、今までの生活を見なおしたり、腰に負担がかかる仕事や動作をやめるよう勧められたりといった生活改善指導が行われます。

次に、薬物療法があります。これは、消炎鎮痛剤などを塗るのが一般的。また、神経ブロック療法では、麻酔薬を注射して痛みを和らげるのが目的です。いずれにせよ、根本的な治療法にはならず、激しい痛みに苦しむ人の痛みをとりあえず取り除くことが狙いです。

さらに、手術があります。万が一、手術が行われても完治するかはわかりません。