「頚椎すべり症」って?

「頚椎すべり症」って?

頚椎は、椎体のうしろにある椎間板の接している部分の軟骨です。この軟骨が脊髄や神経根を圧迫すると、頚椎症になります。加齢とともに増える傾向にあるため、50歳を過ぎるとこの症状が出ます。そして時々、頚椎にずれが生じるとすべってしまう症状、頚椎すべり症が発生します。

頚椎すべり症の症状は、圧迫されているところにもよるものの、首の痛みやコリ、手の痛みやしびれなどが特徴です。一方、脊髄が圧迫されると頚椎症性脊髄症と診断されます。手のしびれと運動障害が両側、もしくは片側のみ発生します。足にも同じような障害が出てきて、歩行障害、膀胱障害、直腸障害に至ることも。

さらに、神経根が圧迫されると頚椎症性神経根症といわれます。これは、首や肩の後ろ、手や指にかけて痛みがあります。

治療法はさまざまです。まずは保存療法が行われ、症状がよくならないと手術療法が用いられることもあります。手術と聞くと抵抗がある人も少なからずいると思いますが、神経への圧迫が長期間続くことは好ましくありませんので、早めに決断することをオススメします。