腰と分離症の深い関係

腰と分離症の深い関係

もし腰痛持ちになると、腰椎分離症という言葉をどこかで一度は聞いたことがあるかもしれません。

腰椎分離症は、腰椎の一部が切れてしまう症状です。腰椎がすべってずれてしまう腰椎すべり症と合わせて紹介されることが多いです。腰痛の原因が分離症だったというケースも少なくありません。レントゲンで見つかることが多々ある症状になります。

分離は、骨のある部分が切れてしまう、折れてしまった症状のことをさします。腰は、腰椎いう骨が骨盤の中央にある骨(仙骨)の上に5つ積み重なっていて、仙骨に連なった腰椎が緩やかにカーブすることで腰が機能しています。分離症は、子供の頃にハードなスポーツをするなど腰に負担がかかりすぎて疲労骨折したというのが一般的です。

もしも分離症になると、腰を後ろに反らせると痛みます。長時間の立ち仕事などでも腰がツラい状態になります。ただ、無症状でスポーツを続けることができる人も少なからずいます。そのため、早期に発見しにくい症状ともいわれます。もし、レントゲンなどで分離症だと診断されるとコルセットの着用をすすめられるでしょう。成人の場合、分離症以外の症状が出る可能性もあります。