分離症と脊椎すべり症

分離症と脊椎すべり症

分離症もすべり症も、腰痛の原因としてとても多い症状です。

まずは分離症、または脊椎分離症といいます。椎間関節の基部にある骨が分離してしまった状態です。原因は、腰の曲げ伸ばしやひねり運動を繰り返して腰に負担がかかりすぎて疲労骨折になってしまったというのが一般論。骨がまだ成熟していない少年期にスポーツで起こることが多いと考えられています。

一方、脊椎すべり症は、椎骨が前後にずれてしまった状態になります。分離症に伴った起こる分離すべり症、分離を伴わない変性すべり症と2種類あります。分離すべり症は、椎間関節の分離で脊椎の安定性が悪化し、成長期になると椎体が変形したり、壮年期に椎間板が変成したりして発症します。分離を伴わないすべり症の場合、椎間板の変性によるものが多くて、腰部脊柱管狭窄症の原因になることも。

分離症だけだとなかなか自覚症状で分かる人は少数です。たまに長時間の立ち仕事、腰を反った時に腰に痛みを感じる程度です。一方で、すべり症になると脊柱管狭窄症にいたることがあるので注意が必要です。腰痛や下肢の痛み、しびれを感じ、さらに馬尾症状が出ることもあります。