若者に多い「腰椎分離症」の原因

若者に多い「腰椎分離症」の原因

腰椎分離症は、10代によく見られる腰痛の原因です。小学校や中学校などでスポーツをして、腰に負担がかかりすぎ、腰椎の関節突起間部に疲労骨折が生じるのが原因とされています。骨が成熟しきっていない若者特有の症状といえますが、自覚症状がないことも少なくなく、小学校に発症しても高校になって気づいたという例も多いです。

この腰椎分離症は、腰椎椎間板ヘルニアとは違います。しかし、早めに発見して治療するのにこしたことはありません。早くコルセットを着用するなどの治療をすると、分離した部分の骨が癒合擦る可能性も高くなります。

診断は主にレントゲンやCTなどで発見されます。分離症の初期だと、安静したり、コルセットを装着したりするだけで治癒擦る可能性が期待できます。ただ、末期になるとそうにもいきません。いずれにせよ、早期発見が治療への鍵になることは間違いありません。

もし、成長期を過ぎて腰椎分離症と診断されると、癒合する可能性はありません。しかし、無症状なことも多く、さらに腰椎すべり症にいたるのは1~2割程度。心配しすぎることはないかもしれませんが、あまり腰に負担がかかりすぎると腰痛が慢性化することもあるので注意が必要です。