腰痛の原因が「すべり症」だったら

腰痛の原因が「すべり症」だったら

腰痛になった人の中で、その原因がすべり症である人も少なくありません。

すべり症、つまり腰椎すべり症は、特に中高年い多いといわれています。腰椎が慢性的に歪んでしまった状態です。従来、腰椎を支えている筋肉や靭帯、椎間板などの体内にある組織が加齢、または生活習慣の乱れが原因で柔軟性をだんだん失っていき、同時に腰椎が前方にすべってしまう状態です。

このすべり症の自覚症状としては、ギックリ腰のような急激な痛みはなく、なんとなく鈍い痛みでがまんできる程度のものがほとんどです。そのため、我慢したり、放置したりしているうちに気づいたら慢性化してしまっていたということも多いです。

すべり症の痛みや重だるさの原因は、神経圧迫と筋疲労になります。神経圧迫とは、すべった腰椎が脊髄に触れて神経痛になること。筋疲労は、すべりを起こした腰椎のせいで身体が歪んでバランスが崩れて筋肉が悲鳴を上げてしまった症状です。

このすべり症は、坐骨神経痛につながってしまうことも多いので、くれぐれも注意しないといけません。