ストレッチ等の腰痛分離症のリハビリに焦りは禁物

ストレッチ等の腰痛分離症のリハビリに焦りは禁物

腰椎分離症は、第五腰椎部分に多く見られるもので、分離症とは言いながらも実際の現象は、一種の疲労骨折と考えて良いでしょう。多くの場合、成長期にスポーツ等のしすぎが原因となるケースが多い腰椎分離症ですが、分離した腰椎が癒合しないままだと、成人してから、椎間板が動いて腰椎すべり症を引き起こしてしまうもあります。なかには、腰椎が分離しても痛みを感じないで、そのまま激しい運動を続けてしまう人もいますので、部活等でハードな運動を続けている場合は、腰の違和感には敏感になったほうが良いでしょう。

腰椎分離症は早期に発見して対処すると(安静を維持してコルセットなどの装具固定を実施することが多い)骨が癒合して、早く治癒するだけでなく、将来、「腰椎すべり症」に発展しないで済む状態にもっていくことも可能です。ハードなスポーツをしているお子様がいる場合は、しっかり注意してみてあげてください。

しかし腰椎分離症は若い人だけに発症する腰痛ではありません。大人になってから腰椎分離症になると、癒合する可能性は低く、再発を繰り返す方も増えてきます。いずれにしても、分離症であることが分かったら、十分な安静期間をとって、体幹に負担となるスポーツなどは、半年程度行わないようにすることが肝要です。

ストレッチに取り組む場合は絶対に無理をしてはいけない

分離した腰椎が癒合する可能性が低い成人の方の場合、腰椎分離症の治療・リハビリにはストレッチ等がよく採用されます。ストレッチを行う場合も、見よう見まねで勝手に行うのではなく、医師、整体師、トレーナーといった専門家の指導のもと取り組むようにします。

またストレッチによるリハビリは、通常痛みが十分引いてからはじめるものです。スポーツをしている方は、早く復帰したいという気持ちで焦る方が多いわけですが、痛みが残っている状態なのに、無理にリハビリを進めていくようなことは避けてください。

腰椎分離症のストレッチでよく見られるのは、うつ伏せになること、また、その状態から、お腹を落としたまま、腕立て伏せと同様の運動を何セットか繰り返すというものもあります。
腰椎分離症では、うつ伏せになること自体がストレッチになるので(腰に自然な湾曲が生まれる)、ストレッチを始めたばかりの段階ではうつ伏せストレッチだけという時期もあります。うつ伏せになるだけなら、自宅でセルフストレッチとして行なってみても良いでしょう(もちろん痛みが引いてからの話です)。

また分離症のリハビリでは、筋力の強化のためのエクササイズ等も行われ、筋力強化を正しく行うことで、スポーツへの復帰も近づいていきます。

分離症改善のためのストレッチには色々な方法があり、どの段階でスポーツを再開して良いかについて、じつは指導者によって意見が異なります。それでも、絶対に無理をしないということが基本であり、あの時無理をしなければ良かったと後悔することだけはあってはなりません。腰椎分離症のリハビリも、焦らない心棒が必要だということです。