スポーツ選手に多い腰椎分離症

スポーツ選手に多い腰椎分離症

スポーツ選手に多い腰椎分離症は、激しいスポーツを良く行っている10代前半の若者に、運動をしているときに腰痛がでる症状として現われます。

原因は、「椎弓」と呼ばれる腰椎の後ろ半分は、リング状の構造になって細く、弱くなっている部分があり、ここが、背中を反らす運動、ジャンプして着地する際の衝撃などで、疲労骨折を起こすためです。
疲労骨折のほとんどは下部の第5腰椎に起こります。

腰椎分離症が起こると、その箇所の椎骨は前方へ、構造上、すべりやすくなり、腰椎分離症の約30%に腰椎すべり症が生じていると言われています。

症状は、運動しているときにのみ痛みが起こり、通常の生活では痛まないことが多く、背中を反らすと痛みが増加する特徴があります。

Jリーグサッカーチームのユースチームの10代選手を調査したところ、約30%の選手に腰椎分離症が見られたといいます。
ただし、腰痛などの症状はでていません。腹筋、背筋をしっかり鍛えているためと考えられています。
スポーツをしている成長期の子供は、腰椎分離症になる可能性が非常に高いので、少しでも腰に痛みを感じるようであれば、医師の診断を仰ぐことが大切です。