腰椎すべり症と整体

腰椎すべり症と整体

腰痛の診断~治療は、正確な病状を把握することが欠かせませんので、レントゲンやMRI検査ができる整形外科でみてもらうことが一般的ですが、手術を必要としない場合は、急性期の痛みや炎症が落ち着くと整体治療院での治療に切り替える方も少なくありません。

たとえば腰椎すべり症のような、正常な腰椎がすべって起こるような腰痛でも、整体によって痛みがなくなり、正常に日常生活を送れるぐらいにまで改善されることもあります。

整体で腰椎すべり症が改善される例もある

腰椎すべり症のように、骨のずれによって痛みが生じていると考えられる腰痛は、やはり骨に原因を求めがちですが、腰痛は基本的に筋肉疲労が原因となり、骨を支えている筋肉に問題があることから、様々な腰痛が生じているわけです。

整体では腰椎を元の位置に戻すことはできませんが、整体施術によって腰椎すべり症による痛みがなくなり、日常生活に支障のない状態に戻れるのは、筋肉への働きかけによって腰痛改善に功を奏していることの例だと言えます。
整形外科の治療においても、腰痛症の改善が保存療法で済むことが多いというのは、骨ではなく筋肉の状態が正常になったことで痛みから開放されたことを示しているとは言えないでしょうか。そうでなければ、腰痛の痛みやしびれは、最終的に外科手術でしか取り除くことができないことになってしまいます。

整体とは健康法のことであり治療ではない

ただし整体師は国家資格ではありませんので、整体による症状の改善を治療と称することはできません。整体は、手足を使った手技による施術で体を整え、体幹から四肢への脈絡の流れを良くし、脈絡改善によって各症状の改善を期待する「健康法」ということになっていますので、病院での治療とは全く別物ということです。

それでも整体施術を利用する方がなくならないというのは、自分の体には効果があると実感している方がいるからですが、医療行為ではない整体を利用するということは、自己責任が問われることでもあるわけです。整体を利用する場合は、この点をしっかりわきまえておかなければなりません。