セカンドオピニオンも必要な腰椎すべり症の手術

セカンドオピニオンも必要な腰椎すべり症の手術

腰椎すべり症の手術は、100メートルも歩けないなど日常生活に大きな支障がある場合や痛みがどんどん増してきている場合、及び排尿・排便障害などが起きている場合を除き、一般的には手術は行われません。
ただし、日常生活に使用がない範囲というのは、個人差が多いので人によっては手術の対象とならないような場合でも、その個人個人で生きがいを全うしたい強い思いがあって、それが腰椎すべり症でできない場合は手術が行なわれることがあります。

病院によっては、レントゲン、MRI画像診断による骨のすべり具合の程度で手術の実施を決めているところがありますが、一方であくまで患者自身の意思を尊重し、画像診断はその補助という病院があることを知っておくと手術したくないのに手術を勧められた、その逆の場合などに参考にすることができます。

自分の意思と違うと思った場合は、セカンドオピニオンを積極的に求めると良いでしょう。
尚、患者の意思が尊重されると言っても、「まだ、手術をする必要はないでしょう」「手術はした方が良いでしょう」などと、患者の意思と異なったアドバイスになることも十分考えられます。