腰椎すべり症の再発をおさえるための注意点

腰椎すべり症の再発をおさえるための注意点

腰椎すべり症は椎間板の変性が原因となる変性すべり症と、椎弓の分離が下地となって発症する分離すべり症があります。どちらも、かならずしも手術しなければ完治しないというわけではありませんが、一度症状が軽快しても再発する場合があります。では手術すれば再発は避けられるのかというと、そうとは言い切れません。分離すべり症で、固定術も行った場合は再発のリスクはかなりおさえられるとも考えられますが、椎間板の変性は絶えず進行するものですから、椎間板ヘルニアとして再発することは十分考えられますし、診断名が脊柱管狭窄症として再発することも考えられます。

そのため、腰痛症は常に再発のリスクがあると考えて、症状が軽快してもその後の生活に於いて再発のリスクをおさえられるように気を配る必要があります。

ではどのようなことに注意すると良いかですが、治療中も行なってきた方が多いでしょうが、筋肉を強化することは症状が落ち着いたあとも継続するこが大事です。筋力の乏しいからだは、体重や体にかかる負荷のほとんどを骨格で支えることになります。反対に筋力が充実している体は、極端に言うと、背骨がなくても胴体を支えることができると言われています。

膝の前十字靭帯を断裂すると、ギブスなどで固定しなければ歩行することもできなくなるわけですが、本人の脚の筋力如何によっては、厳重に固めなくても歩行できる場合があります。筋力はそれほど大事なものであり、特に体の重量がかかる膝や背骨ではそこを強化することが欠かせません。

ただしハードな運動によって筋力を強化すると、かえって腰痛を再発・悪化させてしまいかねませんので水泳やウォーキングなどで十分です。そして腰痛対策としての筋力強化で重要なのは表層筋よりも深層筋です。深層筋は強い負荷をかけなくても強化されますので、高齢の方や普段体を動かしていない方は無理のない運動で筋力強化を図っていくことがポイントとなります。

なお長時間のデスクワークやクルマの運転を仕事としている方、現場作業などで前屈姿勢をとることが多い方は腰痛が再発しやすいと言えますが、筋力がつくと仕事による腰への負荷を軽減できます。筋力強化は、腰痛再発を防ぐための万能薬と言えるでしょう。

また太っている方にトライしていただきたいことは体重を減らすことです。人間は真っ直ぐに立っている時でも上体の重量が背骨にかかっています。さららに腰を曲げることでかかる負荷は、体重が重いほど大きくなります。変性すべり症でなくても椎間板の変性は加齢とともに進むわけですが、そのスピードは体重が重い人ほど早くなります。

ただし減量のために食事をコントロールし過ぎると、カルシウムなどの必要な栄養が不足してしまうので骨にとっては良いことではありません。減量を行う場合はこの点に十分注意する必要があります。