腰椎分離症の分離している部分とはどこ?

腰椎分離症の分離している部分とはどこ?

腰椎分離症は、腰の骨が分離して起こる病気という認識は多くの人にありますが、では具体的にどこの、どのような骨が分離しているのでしょうか?

腰椎分離症は、正確には、腰椎から一部の組織が分離することなのですが、大半が分離するのは「椎弓(ついきゅう)」と言われる骨の一部分です。
「椎弓」とは、一体にどんな骨、どこにあるかというと、背骨(脊椎)を構成している24個の椎骨の一部分であって身体の後ろ側部分です。
背中の背骨を触ると浮き出ているのが「椎弓」の一部です。

この「椎弓」の形状はリング状となっています。そのリング状になっている骨の左右2か所で同時に分離が起きる、またはどちらかが分離するのが腰椎分離症です。
分離が起きる原因は、主として度重なる過度の運動によるストレスであって、これにより、少しずつ骨がひび割れていき最後には、疲労骨折する形で分離するに至ります。
分離が起きるのは、背骨(脊椎)の腰の部分で腰椎と呼ばれている部分です。
尚、椎骨の身体の前側部分は「椎体」と呼ばれています。