疲労骨折の腰椎分離症は早期治療が重要

疲労骨折の腰椎分離症は早期治療が重要

腰椎分離症は、背骨(脊椎)を構成している椎骨が腰の部分(腰椎)で、椎骨の身体の後ろ側部分の「椎弓(ついきゅう)」呼ばれる部分が、度重なる過度の運動で蓄積されたストレスによって、少しずつひび割れていき最後には、疲労骨折する形で分離することによって生じます。
そのため、早く治療を受ければ、受けるほど骨の癒合(ゆごう:もとに戻ること)が起きやすく、もとの状態に戻ります。
治療が遅れれば遅れるほど、骨の癒合は起きにくくなります。

そこで、以下のような症状が起きたら、早めに整形外科を訪れて診察を受けるようにしましょう。
特に発育期の若い10代前半のスポーツを行っている選手に多く発生しています。そのようなスポーツ少年、少女が腰痛やお尻、大腿部の痛みを訴えたら要注意です。
腰痛やお尻、大腿部の痛みは、運動しているときに痛くて、普段はそれほどでもない、また運動の時は、それほど痛みは感じないが、背中を反らすと痛みが増すなどいろいろな症状として発生します。

どんな場合であれ、腰に違和感があれば一度、診察を受けるほうが良いでしょう。
スポーツを行う選手には30%から40%に腰椎分離症が見られるという報告があります。
特に、体幹と呼ばれる主に腹筋・背筋周辺部分を前後に曲げたり、回転させたりすることを激しく行うことが多いスポーツを行っている男性に多く腰椎分離症が発生しています。このような条件に当てはまれば、少しの腰痛でも要注意となります。