腰椎分離症のリハビリに有効なストレッチを中心とした柔軟体操

腰椎分離症のリハビリに有効なストレッチを中心とした柔軟体操

腰椎分離症は、中高生のスポーツ選手の10人に1人がなっていると言われるほど、運動選手に関係の深い腰痛です。しかし腰痛といっても一般的な成人にみられる腰痛とは違い、下肢のしびれなどはなく痛み自体も鈍痛ですから、運動による軽度の損傷ではないかとして見過ごしてしまうケースも少なくありません。

腰椎分離症は、練習時間が長いほど、また運動・練習のレベルが高度かつハードなほど、発症頻度は増していきます。分離症と名付けられていますが、一種の疲労骨折であって、椎弓が分離してしまい椎間関節の連続性が絶たれた状態を言います。この疲労骨折は第5腰椎で多発し、椎間分離部分に異常可動域が認められ、上体を後屈すると痛みが出ますので、慣れているトレーナーなら腰椎分離症の可能性を判断することもできます。

ただし腰椎分離症となると、その後のスポーツ活動に支障がでるということはありませんので、深刻に心配する必要はありません。年齢が低いうちに分離症になると、コルセット治療で分離部が癒合してくれるのですが、中学生の後半ぐらいになると癒合に期待を持てなくなります。ただ、たとえ分離部が癒合しなくてもスポーツは続けていけますし、痛みさえなければ筋力をつけながら、少しずつ復帰していくことも可能です。

腰椎分離症の予防やリハビリとして行いたいエクササイズは、背筋群、ハムストリングスのストレッチングを中心とした軽い柔軟体操です。このエクササイズは腰椎周辺の筋肉をリラックスさせるためにおこないます。

なおコルセット治療を行なう場合、治療中の筋力の低下がありますので、筋力を取り戻すためのエクササイズと同時に、筋肉のリラクゼーションを目的とした上記のような柔軟体操を積極的に取り入れてみることをおすすめします。