腰椎分離症になったら

腰椎分離症になったら

腰椎分離症とは、腰部脊椎症とも呼ばれ、椎間関節と呼ばれる関節部分の骨が分離してしまうことをいいます。運動などによる、腰の曲げ伸ばしやひねりにを繰り返すことにより、骨が分離してしまうことが原因だといわれています。

腰椎分離症は、自覚症状が出にくいのですが、長時間の立ち仕事や腰の曲げ伸ばしをした際に、痛みを訴える場合もあります。
子どもの腰椎分離症は、骨が成長段階にある時期に、スポーツなどで腰部に繰り返し負担がかかることが原因といわれています。

腰椎分離症と診断された場合、安静にしておくのが一番です。スポーツをひかえたり、腰に負担がかかる行動をやめることが大切です。治療法もコルセットなどを利用して腰部を固定したり、鎮痛剤を投与する保存療法が用いられます。保存療法でも骨がつかない場合は、手術で骨をつなぐ場合もあります。

腰椎分離症は、痛みが引いたら、トレーニングなどで腰を鍛え、再発しないように心がけることも大切です。