腰椎すべり症とは

腰椎すべり症とは

腰椎すべり症とは、腰椎がずれてしまう症状のことを指します。

原因として、骨が成長する少年期にスポーツなどで負荷がかかり、疲労骨折を起こすことがあげられます。また、先天的な理由でも腰椎すべり症になるといわれています。

腰椎すべり症のおもな症状として、腰痛があげられます。なかには、足の痺れを訴える人もいますが、必ずしも症状がでるわけではなく、たまたま別の疾病でレントゲンを撮り、腰椎すべり症が発覚するケースもあります。症状が軽度であれば、心配する必要はありません。医師と相談し、適切な治療を行えば完治する疾病です。

腰椎すべり症の治療は、腰椎分離症と同じく保存療法が用いられます。コルセットで患部を固定し、骨融合を待ちます。このコルセットは、整形外科で作ってもらうことができます。市販品のコルセットでは効果が見込めないので、必ず整形外科医に相談するようにしましょう。痛みがある場合は、鎮痛剤を用いることもあります。骨融合が見込めない場合には、脊椎固定術と呼ばれる手術を行う場合もあります。