腰椎分離症と腰椎すべり症の違い

腰椎分離症と腰椎すべり症の違い

人間の体は、「腰」によって支えられています。腰の支えるという機能をになっているのが、腰椎と呼ばれる部分になります。

腰椎分離症とは、その腰椎を構成している周辺の骨が分離してしまう状態のことをいいます。腰椎すべり症とは、腰椎分離症により分離してしまった骨や不安定な状態にある骨が、文字通りすべってしまう状態のことをいいます。

腰椎分離症の場合は、腰をそらせたときに痛みを訴える場合があります。なかにはまったく自覚症状がなく、自分が腰椎分離症と気づかずにスポーツなどをしている場合もあるようです。腰椎すべり症の場合も自覚症状がない場合もあるようですが、でん部やふとももの裏側に痛みやしびれを訴える場合があります。

腰椎分離症も腰椎すべり症も、レントゲンの検査により発見することができます。両方ともひどくなると、日常生活が困難になることもありますから、少しでも自覚症状を感じたら、検査を受けるようにしましょう。

腰椎分離症と腰椎すべり症は、完治しない病気ではありません。医師の指示を守りきちんと治療すれば、完治する病気です。ですから、自覚症状を感じたら、怖がらずにすみやかに検査を受けましょう。